サン・パティオこども園
サン・パティオこども園
サン・パティオこども園
018-827-3864
2020年2月3日 
令和元年度 自己評価及び第三者委員による評価
1 本年度の園経営を振り返って 保育所型認定こども園として2年目を迎えた平成31年度(令和元年度)は、昨年度同様、0~5歳の連続した育ちの姿を4つのめざす子ども像の視点で職員が共通理解し、全体的な計画・年間指導計画に基づく月・週案により、きめ細かな教育・保育に努めてきた。季節折々の行事や毎月の体験活動、地域と連携したさまざまな活動体験等により、保護者から信頼され、地域からも愛される園づくりを進めることができた。   2 重点事項についての自己評価 A:よい B:おおむねよい C:やや不十分 D:不十分 ①教育・保育課程【自己評価:A 第三者評価:A】 ・認定こども園に求められる、遊びや生活を通してバランスのとれた教育・保育課程を編成し、定期的な評価をもとに計画通り進められた。 ・英語教室、体操教室、水泳教室、クッキング教室などを計画的に実施した。他にもサッカー,ラグビー、ラート、新体操などの体験も取り入れた。子どもたちはそれぞれの取組を通して豊かな感性が育まれている。 ・ヤートセまつりや地域の星辻神社の行事等への参加、日常の散歩やハロウィンで地域商店街方々との交流を進めた。 ②保護者から信頼される園づくり【自己評価:A 第三者評価:A】 ・月案や週案によりきめ細かな教育・保育が進められている。 ・年間計画に基づき学期ごとに計画・実践・評価・見直しを図ったことにより、充実した実践がなされた。 ・日々の連絡帳による情報交換や、おたより発行などにより、保護者との良好な信頼関係が築かれていることが、利用者アンケートから見て取れる。 ・保育参観や園行事(運動会、おゆうぎ会)に多数の保護者から参観をいただいた。   ③地域から愛される園づくり【自己評価:A 第三者評価:A】 ・だるま祭りやハロウィン等、地域の環境を生かした活動への参加を子どもたちは楽しみにしており、地域の賑わい創出と共に、子どもたちの健全育成に大いに役立っている。 ・「七夕夏まつり」や「園開放」を開催し、地域に開かれた子育て相談や子育て支援事業を進めている。 ・保戸野小学校との協議会を実施し、保幼小の円滑な接続に向けた望ましい連携を進めている。   ④職員の資質の向上【自己評価:A 第三者評価:A】 ・安全計画に基づき毎月行われる避難訓練の内容の見直しと検討を重ね、職員の安全に対する意識の向上を図ってきた。 ・幼保推進課所管研修、他園の公開研究会、キャリアアップ対象の研修に職員を派遣し、職員の教育・保育力の向上に努めてきた。 ・職員一人一人に応じた自己目標を設定し、年間を通してその達成状況や取組姿勢を含むプロセスを評価し、職責や役割に応じた能力向上に努めている。